output

自分の考えや、キャリアとか、くだらないあれこれをOutput 

上司との相性に悩んでました(過去形)

上司との相性に悩んでいた。

 

過去形。

 


新年度から配属になった上司は、
細部まで正確にを大事にているように私には見えた。
おおざっぱな私とは違うなーーと思っていた。

優秀な先輩や、後輩を呼び出しては
持論を展開し、先輩後輩を長時間拘束。
いいけど、通常業務を私一人でやる羽目になっている。

呼び出す部下が必ず男性で
同じ係に半数以上いる女性は呼ばれもしないのも気にかかっていた。

まあ、私が呼ばれて説明した時に
すぐに的確な説明ができなかったのも、その後呼ばれなくなった理由だろうなーー。
やばい。干されてマミートラックか!?
みたいな、後悔だかヒガミだかみたいのに駆られて、悶々としていた。

こうなってしまうと
マイナスの感情で思考がぐるぐるになってしまう。

 

まずい。

 

俯瞰している私はわかっているのだけれど、
ぐるぐるの出口が見つからない。
でも、上司に気に入られたいわけではない。
(一席ぶたれて長時間拘束は嫌だ。)
嫉妬とかではない、と思う。
先輩も後輩も、人間としてすごい好きな人たちで、感謝でいっぱいだ。


nemotohiroyuki.jp

根本さんの職場の心理学の記事を読み漁り、一旦、気持ちを落ち着かせる。

金曜日の会議で、部全体の動きとうちの部署の動きを知り
なんとなく点と点がつながったような気になり
気持ちが落ち着いてきた。

心理学の好きなところは、投影とか知っておくと
人間関係すら自分の内面として振り返れるところだ。

今は、そういうことを気にしちゃう私。
つい、反応しちゃう私ということに気づいてあげよう。
それでもまあ、私にも価値はあるしねっっ。

淡々と、通常業務をしつつ
虎視眈々と自分の長所を伸ばすことに集中しようか。