output

自分の考えや、キャリアとか、くだらないあれこれをOutput 

子供会の来年の役員について

私が役員をやっている子供会は子供が少ない。

 

子どもたちに聞いてみると
運動会、ラジオ体操、クリスマス会、それぞれに楽しいという。
評判はいい。


評判がいいのに、そもそも入会者が少ないのは、
やっぱり親が入会申し込みをしないからなのだ。

なぜって?
それはおそらく、役員が面倒くさいから。

 

わかる わかるよ。
私だってそう思ってた。
意味の分からない打ち合わせ駆り出され
意味の分からない町会や、団体の会合に駆り出され
時に人員として、やりたくもないイベントの接待係やなんやらをやって
そのあとの打ち上げも参加せにゃならん、と。

 

そんなわけで、来年度の役員候補を考えたときに
役員未経験者のメンバーを見渡すと
数人しかおらず
やっぱり積極的には手をあげたくはないだろうなと。

役員に当てられるのを避けるため
数年で退会する人も多い。

 

おかげで、わが子ども会は来年、
10人ギリギリの会員数になる。
存続ぎりぎりラインだ。
さらに言うなら、再来年やれる人はいるのか、と。

 

でもなあ、地域とのつながりや
ななめの関係の維持とか
子ども会にはメリットはそれなりにあるんだけれどな。

やってみると案外面白かったりするんだけれどな。
魅力を説明しきれてないよね。

強制はもちろんできない
解散も含めて話したけれど
イベントや規模を縮小してでも存続できないかしら。

 

子供会主催のイベントに参加するならともかく
それ以外の団体に呼ばれてしまうのが面倒だよね。
夜の集まりは、子を置いてかなきゃいけないのが辛い。
連れてってもいいけど、寝るのが遅くなるからなぁ。


むーーーん。