output

40代が走ったり、考えたり、あれこれをOutputする場です 

アニメ「風が強く吹いている」11話こぼれる雫感想のようなもの

こんにちは、笹山です

 

ひとりハーフがひとまず成功したことで

明らかに油断しています。

雨だしねー

疲労抜きだしねーの名のもとに平日ラン、サボってます(´-ω-`)

いかんいかん、喝!!  喝!!(; ・`д・´)

本番まであと10日切ってるんだからね。

 

この手の試験前に一通りやるだけやると

練習だけで燃え尽きるのはワタクシのお約束パターンです(;'∀')

 

 

風が強く吹いているの感想ですよー

 

風呂シーン復活でした☆

息子さんが「久しぶりだな、風呂」と呟いてましたね

 

今回は、物語のキーワードである、長距離選手に必要なのは何か?の話が出てきます。

未視聴者のため深堀するのは避けるとして

その話が出る回でスポットが当たるのが

神童であるというのがポイントだと思うのね。

 

神童のように、真摯で人が良くて実行力がある。

手が足りてないところを見つけて、自ら買って出る人。

要はとってもいい人で、たぶん職場にこんな人がいたら

みんなが助かるんだろうなあという人。

そして苦労人になるだろうなあという人。

それが彼の魅力であり、弱点なのでしょうね

長所と短所は表裏一体だなあ

 

今回、話の中で神童がヤケ走り(←もうちょっと言いようがないのか)をするシーンがあるのですが

ランニングは感情のもやもやをふっとばす力がありますよね

ジョギングはなんとなくごきげんになれるし

ロング走も疲れてくると、考えている余裕はなくなるし

スピ練はもっと余裕がない!!

でも走り終わるとなんだか爽快なんだよね。

よくやった自分みたいな気分にもなれるし。

 

粘る神童に付き合うアオタケの皆がいいヤツらだなオイ。な感じでした

ユキの天邪鬼さが足りない。

 

とか思っている私は重症だわ。

 

風が強く吹いているの次回は1月。

本当の箱根駅伝のそのあとに、夏のイタズラの話をするそうです(笑) 

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村