output

40代が走ったり、考えたり、あれこれをOutputする場です 

ぶらり佐賀自転車旅2日目

こんにちは笹山です
息子くんの運動会が終わって、振替休日で映画を見てきました
シンウルトラマンでもトップガンでもなく
MARVEL作品
平行世界物のSF色の強めのお話でした
MARVEL作品はお話がリンクし続けるから、別作品のキャラクターが立場を変えて出てくることが多いのが面白い
ド派手バトルシーンがウリなんでしょと思っていたけれど、ハマるのはわかるかも

さて、佐賀の旅二日目にいきますよ
この日はいつもどおりに起きて、昨夜残したかしわにぎりと、サンドイッチを食べて早々に出発した
なんせ今日の走行予定は95キロ!
自転車移動では最長距離になる
距離が長くても長く漕ぎ続けることができれば
100キロ走るのは難しくないとロングライドの本で言っていた

この旅の中で一番走り心地が良かったのはどの道だった?と聞かれたら
私はこの唐津から武雄に向かう道をあげるかな。
松浦川沿いを通る気持ちのいい道で、早い時間もあって車通りが少ない。

適度なアップダウンもあって、
道路はなめらかで走りやすかった。
ここはいい道だ。

途中、食べきらなかった鳥おにぎりをいい加減悪くなっちゃうからと食べて休憩して
さらに武雄市を目指してひた走る。
武雄市は中華風な門があったり、温泉があったりといろいろあるんだけれど
私の目的はただ一つ。
ここには全国的に有名な格好いい図書館があるのですよ。

TSUTAYAが運営する図書館として有名。
中には文具や雑貨が売られ見ているだけで楽しい。最新の本が販売されて、スタバがあって、ごく普通に貸出図書がある。
1階のスタバで本を読むもよし、2階のキャットウォーク裏にある閲覧席で本を読むもよし。
図書館の建築雑誌にはよく出てくるこの構図の写真。
それもそのはず、図書館内には写真OKスポットが2か所あって似た写真になるのね。
駐車場もどーーんと広くて、別棟で子ども図書館がある。
土地の使い方が贅沢だなあ。
ああ、素敵な図書館だった。来れてよかった。

行きがけにロマサガマンホールも見つけた。
ドット絵かわいいなーー。

ロマサガ2は確かにやったはずなんだけれど、うろ覚えなんだ
断片的なことしか覚えてないんだよな。
陣形を覚えたり、コッペリアとか、七英雄の設定が切ないなとか。
久しぶりにやりたいなあ。

では武雄から30分ほどで嬉野へ。
嬉野は温泉地で、お茶の発祥の地。
そういえばぽつぽつとお茶屋さんが道路わきに現れている。
ゾンビランドサガではストーリーの中で営業と観光で訪れているから、いくつか巡礼スポットがあるんだよなあ
マンホールと、モカさんで昼食を取ることだけは外せないな……と走っていたところ

東一という単語を見て急ブレーキをかけた。
うわああ、昨日アルピノやスーパーで探していたお酒が今ここに
佐賀の日本酒だと聞いていたから、出会えたら飲んでみたいなあと思っていたのよ
嬉野のお酒だったのか

映り込み、すみません。
東一は東洋一の酒を目指すということで「東一(あずまいち)」と名付けられたそう。
あーー、嬉しいけど困る。
大きい瓶はとても積めそうにない。
いやでもここで会ったのも何かのご縁。
一番小さい上選東一180mlならフロントバックに入れることができた。
晩酌かなー、それとも家まで持って帰って旦那さんと飲もうかなあ。

ゾンビランドサガマンホール、3号の愛ちゃんをパチリとゲットして

お昼ご飯にcafeモカさんを目指す。
お話の中で、幸太郎さんが営業トークをしていたお店です。
ここ店長さんがゾンビランドサガ推しで
「アニメを見て来られましたか?」と聞かれて嬉し恥ずかしで「そうです」と答えると
17冊のお客さんたちの熱い想いが綴られたノートを見せてくれた。
声優さんや制作の皆様、はたまた佐賀県職員さんそしてたくさんのファンからのゾンビランドサガへの愛を感じているうちにお昼ご飯到着。

ノートを見ていたら、いちごパフェを食べ逃すなんてもったいないという気分になっていちごパフェも追加

練乳がかかっていて、絶妙に美味しかったです。
パフェ単体を注文するなんて、子どもの時以来じゃないかしら。
あーー、満腹満足。


ゾンビランドサガマンホール、純子ちゃんをゲットして

モカさんでゆっくりしちゃったからここからは急がなくちゃ。
少し過ぎた後にあーー、神社で白ナマズに水をかけ忘れた!!と気づいたけれど
もう引き返せない。
佐賀市に向かってひた走る。

中山道をナビされる。途中茶畑がいくつかあって、ああこれが嬉野茶になるんだなあと感心していたころまでは自転車をこいでいた。
だんだんに斜度が上がってきてきっつい上りが苦手な私は自転車を押しまくり徒歩でてっぺんへ。
ここからさーーっと降りて鹿嶋市へ抜ける。
ここのアップダウン以外はひたすら平坦な道をグングン進む。
地名や看板に有明という言葉が増えた。
海が近いから平坦なんだな

あとは思わず撮ってしまった玉ねぎの写真。
佐賀は玉ねぎの産地だったな。

この物量に圧倒される感じは、北海道でジャガイモがどーんどーんと置いてあったあの感覚に似てる。
中通り過ぎる町にもマンホールがあるんだよなあとちらっと思うけれど
それは次回のお楽しみ。
旅館着があまり遅くなるのもまずい。
たんたんと一定速度で進んでいく。
途中の休憩は、コンビニでトイレを借りて飴を買った1回きりだったかな。

ようやく佐賀市へ突入。
佐賀市の通常マンホールはムツゴロウが描かれてるの。かわいい。

18時にようやく本日のお宿に到着た。おつかれーー。

やーー、今回も疲れたあ。
佐賀市探索は明日の朝にしよう、僕はもう疲れたよと心の中のネロがいう。

くたくたであんまり食べたくもないので、スーパーでおそばを買って今日は終了。
締め


2日目は95キロ
おつかれさまでした

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 輪行へ
にほんブログ村